自己破産について知っておこう

自己破産について書いていきます
自己破産だけでなく、それに関連していると思われる多重債務や過払い金返還 最近よく耳にする まとめローンについても書いていきます。
自己破産について知っておこうトップ > - > スポンサーサイト
新着情報
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > 自己破産後の住宅ローンはどうなの?
自己破産後の住宅ローンはどうなの?
今回は、自己破産後の住宅ローンについて
書いていきたいと思います。

自己破産した後の住宅ローンです。

自己破産時にある住宅ローンについては
前の記事で「自己破産と住宅ローン」について説明しました。

記事はこちらから
http://jikohasan99.jugem.jp/?eid=5

要約すると、自己破産したら住宅ローンはなくなる、
そしてマイホームにも住めなくなる、ということ


今回は考えるのは、自己破産してしまった後の住宅ローンについて考えてみましょう。
自己破産して生活が落ち着いたら、
マイホームが欲しくなることもあるでしょう。

自己破産してしまった後ですので
ローンについては慎重になってしまいますよね。

そこで質問。

自己破産後の住宅ローンは組めると思いますか?

答えは、YESです。

説明していきますと
自己破産するといわゆる“ブラック認定”されてしまうため、
数年間は一切のローン、クレジットを利用することはできません。

ですので、この期間は当然住宅ローンは組めません。

この期間は一般的に10年ほどとされています。
つまり、10年がすぎれば自己破産後の
住宅ローンが組めるということです。

自己破産後の住宅ローンについて一番気になる疑問はこれで解消されましたね。

ただし、自己破産後の住宅ローンについては、
いくつか注意しなければならないことがあります。
当然の事ですが、
自己破産するとその記録が残るため、
審査の厳しい銀行系のローンは組めない可能性があります。

最近では消費者金融でも目的別ローンを扱っていますから、
それを利用するのが早道かもしれませんね。

しかし、自己破産後の住宅ローンとはいえ、
絶対に銀行が無理ということはありません。

また、自己破産後の住宅ローンは、単純に自己破産から10年が経っています。
年齢が上がっている分、若干審査が厳しくなるかもしれませんので、
その10年間でできるだけ頭金を貯めておくといいですよ。


自己破産後は上記でも書きましたが、
一切のローン、クレジットができません。

ですので、ローンなどに頼らない生活をしましょう。

ブラック認定をマイナスにとらえるのではなく
リハビリ期間として前向きに考えましょう。

自分とお金の関係を見つめなおすいい機会だと
捕らえてみましょうね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ ローンへ
JUGEMテーマ:借金返済


| 自己破産 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > 連帯保証人について
連帯保証人について
連帯保証人とは
どのようなものなのでしょうか?

連帯保証人は借りた本人と同等の責任を負うことになります。
責任を負う範囲も債務者と同じです。

つまり、債務者=連帯保証人 なのです。

自己破産と連帯保証人については
「自己破産のデメリットを知ろう」
http://jikohasan99.jugem.jp/?eid=4
で少し触れていますが、
とっても大事なことなので、ここでくり返します。

自己破産と連帯保証人について
しっかりと肝に銘じておきましょう。
自己破産と連帯保証人についてもっとも気をつけなければならないのは、
仮にあなたが自己破産したら、
あなたの連帯保証人に取り立てがいくということ。


自己破産と連帯保証人について、
ここだけは覚えておかなければなりません。

債務者=連帯保証人ですから
当然、債権者が自己破産した場合
請求は、連帯保証人にいきますね。

自己破産による免責は申し立てをした人物に対してのみ。

借金がなくなるわけではなく、
申し立てした人物に『もう返さなくていいよ』というものです。

そうなった場合、債権者が連帯保証人に返してもらおうとするのは当然の権利です。

自己破産と連帯保証人について、
唯一(債権者以外の)他人に迷惑がかかるケースです。

自己破産と連帯保証人について甘く考えていると、
1人の自己破産者のために
連帯保証人まで自己破産しなければならない状況に陥ってしまうことも。
自己破産で財産だけでなく親戚や友人まで失ってしまった、
という話もあるほどです。
自己破産と連帯保証人については、悲しくも恐ろしい逸話がたくさんあります。

そうならないように、自己破産を考えたなら、
弁護士や司法書士の前に連帯保証人に相談しましょう。
どうにもならない状況を説明し、誠意を持って相手に謝ることが大切です。
ひょっとしたら、
その連帯保証人が自己破産以外のいいアイデアを出してくれるかもしれません。

まずは、自分自身の状況を相談してみましょう。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ


JUGEMテーマ:借金返済


| 自己破産 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > クレジットカードはどうなるの?
クレジットカードはどうなるの?
今回は、自己破産とクレジットカードの関係について書いていきます。

クレジットカードって便利ですよね。
インターネット通販なんかでは、特に便利だなー と
思ってしまいます。

ほしい商品を検索して、クレジットで決済すれば
お店にいくことなく、商品が手元にまで運ばれてきます。

話が、それましたね。

自己破産とクレジットカード、これはある意味サイキョウの組み合わせです。
なぜ、カタカナかといいますと、
自己破産とクレジットカードのタッグは、最強でもあり、最凶でもあるからです。


クレジットカードを使いすぎて自己破産してしまったという話をよく聞きます。
これは、自己破産とクレジットカードの関係でも最凶の方。

もう一つの理由は、カードの使いすぎによる自己破産は
免責が降りない可能性もある、
最凶の組み合わせです。

しかも、そういった人に限ってまたすぐに借金に手を出します。

大変失礼な言い方ですが、
浪費で自己破産してしまうという人に関しては、
きっと自己管理能力が欠如していると思われてしまいます。

もともとの浪費癖に加え、借金が免責されずに残っていることも加わって、
とにかくお金が欲しい!というか
お金がないと!
という状況に陥りやすいのです。

そうなると、自己破産とクレジットカードの抜け道を探そうとします。
このままでは
“自己破産者でもOK!””ブラックでも即日!”
なんていう甘い言葉に騙され、
シャレにならない悪徳業者からお金を借りてしまうのは目に見えています。

自己破産とクレジットカード、まさに最凶です。

では、自己破産とクレジットカード、最強の方はというと。
自己破産で免責が降りた場合は、
保証人がいないクレジットカードの返済はすべて消えてなくなります。
家族に迷惑がかかることもありません。

これが自己破産とクレジットカード最強説です。
免責が、降りた場合ですので注意してくださいね。

ただし、自己破産後10年ほどは新しくクレジットカードを作ることができません。
覚えておいてくださいね。

なぜでしょうか?

それは、自己破産をするとその事実が、個人信用情報機関に
「事故情報」として登録されるからです。

個人信用情報機関とは、全部で4つの機関があります。
そして、クレジットカード会社・銀行・消費者金融など、
金融機関の業態より、加盟する機関がそれぞれちがいます。

金融機関がクレジットカードを発行する際には、
必ずこの個人信用機関を参照し、
事故情報がないかどうかを確認します。

そのため、事故情報が消えない限り、クレジットカードの審査が通ることはありません。
という仕組みになっています。

クレジットカードもご利用は計画的に ですね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
JUGEMテーマ:借金返済


| 自己破産 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > 自己破産後の生活について
自己破産後の生活について
今回は、自己破産後について書いていきますね。

自己破産してしまうと・・・・・。

裸電球の下、ダンボールのテーブルで造花作りの内職をほそぼそと……、
なんて想像をする人はさすがにいませんかね(笑)

そんなイメージのある時代でもないですしね。

それでは、あなたは 自己破産後について
どんなイメージを持っていますか?

上に書いたようなイメージではなくても、
自己破産後については多かれ少なかれ暗いイメージを持っていると思います。

そこで今回は、誤解されがちな自己破産後について説明していきます。

自己破産後については、自己破産前に比べるとできないことがいくつかあります。
下記にまとめますので、注意してくださいね。


まず第一に、お金を借りたり、カードで買い物をすることができません。
これは当然ですよね。
自己破産してすぐにそんなことができるなら、世の中、自己破産者だらけになってしまいます。

もちろん、自己破産後すぐに自己破産することもできません。

それ以外にも、自己破産後については会社役員になれない、公務員になれない、
資格が必要な仕事に就けない、銀行や保険会社などお金を扱う所で働けないなど、
仕事上の制約があります。


これは少々不便かも知れませんが、普通に働くことはできますし、
自己破産後に稼いだお金はすべて自分の物にできます。

自己破産後についてもっとも面倒くさいのが、裁判所の許可がなければ引越しできないこと。

これくらいは仕方ないと考え、あきらめてください。
ここに挙げた以外のことは、自己破産後でも自由に行えます。
人によっては、借金以外は自己破産前と変わらない生活ができるでしょう。
自己破産後について、あまり暗く考えすぎない方がいいですよ。

借金で苦しんでいるほうが、自由のきかない生活なのかも
しれませんね。

自己破産後の生活についても、弁護士等に相談に行ったときに
詳しく聞いてみると 具体的なイメージができるかもしれませんね

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
JUGEMテーマ:借金返済
| 自己破産 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > 気になる自己破産の費用
気になる自己破産の費用
今回は、自己破産の費用について書いていきます。

自己破産しようと思ったときに
気になるのが費用のことですよね。

では、自己破産の費用、どれくらいかかるのでしょうか?

お金がないから自己破産するのに、
そのためにまた借金を背負うことになったら……。
自己破産の費用がないばっかりに、これからも借金に追われることになったら……。

そんな不安を払拭するために、自己破産の費用についてきちんと知っておきましょう。

自己破産の費用は、実際の手続きを誰が取るかでかなり変わってきます。
自分で全部やってしまう場合の自己破産の費用は、ほんの2〜3万円程度。
裁判所によって多少差はありますが、たいていこんなものです。


自己破産の費用を浮かせたいなら、自分で手続きすることをおすすめします。

ただし、これは諸刃の剣。

裁判所によっては必要な書類が素人の手に負えるものではない場合もあります。
書類や手続きにまずい部分があって、
免責を受けられないなんてことになったら本末転倒となってしまいます。


自己破産の費用を惜しむばかりに、
借金を返し続けなければならない状況に陥ってしまうこともあるのです。
無事免責を受けられたとしても、
本来なら専門家がやってくれる債権者への応対を自分でしなければなりません。

自分で手続きを行う場合も、一度は専門家に相談した方がいいと思いますよ。

弁護士や司法書士に頼む場合の自己破産の費用は、おおむね10〜50万円程度。
さらに報酬を含めると、100万円を超す場合もあります。
ただし、手続きは素人がやるよりは当然のことながら安心です。


自己破産の費用のことも含め、まずは専門家に相談することです。

自分でやってみる場合でも、一度相談してみて考えるものいいですね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ

JUGEMテーマ:借金返済


| 自己破産 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > 自己破産の免責とは?
自己破産の免責とは?
今回は、免責について書いていきます。

免責とは、なんでしょうか?
免責とは、破産債務者が残債務について弁済の責任を免れることです。

ここで、自己破産と免責をセットのように考えている人はいませんか?
自己破産することでさまざまな借金を返済する責務から逃れることができるものですから、
当然、自己破産と免責はおててつないで仲良しこよし、というイメージですよね。

しかし、自己破産と免責はつねにラブラブではありません。
突如として、免責だけが逃げ出してしまうことがあるのです。

この場合に注意してくださいね。

まず、基本的に自己破産と免責が同時にできないものがあります。
健康保険料、各種税金、罰金などがそうです。
離婚した相手への慰謝料や、子供の養育費なども自己破産と免責の蜜月の関係からは外れています。

自己破産したからといって、なんでもかんでも払わなくてよくなるのではありません

また、自己破産と免責の関係を自己破産者自らが壊してしまうこともあります。

自己破産には「免責不可事由」というものがあるのです。
・浪費やギャンブルで借金を作った
・カードで買った商品を現金化した
・自己破産することがわかっていて、新たに借金をした
・10年以内に免責の申し立てをしている
などのケースでは、自己破産後も免責にならないことがあるのです。

つまり、借金をしても自己破産と免責をすればいいやと考えている、
悪質な自己破産者への戒めですね。

法律で決められている自己破産者の義務に反した時も、免責が行われません。
自己破産したのに免責が行われないとどうなるかというと、
借金が消えないあげくに、自己破産者という事実も残ります。
これではなんのメリットもありません。

手続きでは、
破産手続きが終わると免責手続きに入ります。
免責の申立て をすると、約2〜3ヵ月後に裁判所から呼び出しがあり、
裁判所では、上に書かせていただいたようなの免責不許可事由について聞かれます。
これを「免責審尋」といいます。

免責不許可事由があっても必ず免責されないわけではありませんので
ご安心を。

しかし、免責不許可事由がないにこしたことはありませんね。

自己破産する前に、免責のことについても考えてみてください。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
JUGEMテーマ:借金返済


| 自己破産 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > 自己破産と住宅ローンの関係
自己破産と住宅ローンの関係
自己破産と住宅ローン、この関係はどんなものなのでしょうか。
すべての債権を放棄できるのが自己破産。

住宅ローンが消える?
マイホームはどうなるの?
気になる疑問がいっぱいの自己破産と住宅ローンについて今回は勉強しましょう。

自己破産と住宅ローンの関係でもっとも気になるのが、
自己破産後、住宅ローンはどうなるのかということでしょう。

これはずばり、支払う義務がなくなります。


自己破産と住宅ローンは切っても切れない関係。
住宅ローンとはいえ債務ですから、自己破産によってまさにご破算となるわけです。

自己破産と住宅ローンについて、次に気になるのが、自己破産後もマイホームに住めるのかということ。

これは残念ながら、叶いません。


自己破産と住宅ローンのケースに限らず、自己破産では売値20万円以上の財産はすべて処分されます。
住宅ローンだけをなくして、マイホームでのうのうと暮らすなんて都合のいいことはできないのです。
ただし、マイホームの抵当権を持つ債権者が物件を売るまでは住み続けることも可能です。

自己破産と住宅ローンについては、
1.自己破産後は住宅ローンがなくなる
2.自己破産後はマイホームもなくなる
この2点を覚えておけば大丈夫です。


詳しく調べると「同時廃止」だの、「オーバーローン基準」だの難しい言葉が出てきてしまいますので……。
難しいところは。おいておきましょう(笑)

そして、自己破産後もどうしてもマイホームに住みたいのなら、
親や兄弟なのどの親族にその物件を買ってもらうという手もありますね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ
JUGEMテーマ:借金返済


| 自己破産 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > 自己破産のデメリットを知ろう
自己破産のデメリットを知ろう
今回は、自己破産のデメリットについて書いていきます。

意外と正しく知られていない自己破産のデメリットではないでしょうか。
また、自己破産のデメリットばかり恐れて、なかなか一歩を踏み出せない人もいるのではないでしょうか。

ですので、自己破産のデメリットについて説明しますので参考にしてください。

自己破産のデメリットでまず思い浮かぶのが、財産を処分しなければならないことです。
どやどやーっと人が家に上がりこんできて、家財道具すべてに『差し押さえ』の札を貼っていき、それが終わるとぺんぺん草も生えない……こんなイメージを持っていませんか?私もそんなイメージがありました・・・。

しかし、これは大きな勘違いです。

財産を処分するといっても売値で20万円以下の物は手元に残りますし、現金も99万円までなら大丈夫なんですよ。

「官報」に掲載されてしまうことも自己破産のデメリット。


官報とは国が発行している機関紙で、自己破産するとこれに名前や住所が載ることになります。
しかしこの官報、一般人はほとんど目を通すことがないもの。
自己破産のデメリットとしては小さいものでしょう。

ローンやクレジットに関して事故歴がつく、いわゆる“ブラック認定”されることも自己破産のデメリットでしょうか。
ブラック認定されると数年は融資を受けることができませんが、自己破産後のリハビリと考えていただければ、気が少しは楽になるのではないでしょうか。

また、これにより自己破産を前提とした借金の繰り返しは行えないようになっています。

最後になりますが、もっとも大きな自己破産のデメリットは、放棄した返済義務が保証人にいってしまうこと。
トラブルを避けるためにも、自己破産をする前は絶対に保証人に相談しましょう


インターネット版 官報というものがあります
こちらから

あまりみる事はたしかにありませんね・・・(笑)

実際に、みてみるとわかりますが、たしかに氏名が載っています。

デメリットを考えたときに やはり 一番大きいのは
最後に書かせていただいた 放棄した返済義務が保証人にいってしまうこと 
でしょうね。

この点には、十分注意してくださいね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ 

JUGEMテーマ:借金返済

| 自己破産 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > 自己破産の流れと手続き
自己破産の流れと手続き
今回は、自己破産の手続きとその流れについて書いていきます。

自己破産の手続きは、裁判所への申し立てから始まります。
しかし、その前に、自己破産の手続きに必要な書類をそろえなければなりません。

自己破産の手続きに必要な書類は裁判所によって違いますが、
おおむね次のような物をそろえれば大丈夫です。

・申立書
・陳述書
・資産目録
・家計表
・債権者名簿
・戸籍謄本
・住民票

上記以外に 場合によっては、
源泉徴収票や税金申告書、車検証、生命保険証書なども、
自己破産の手続きに必要となります。

自己破産の手続きに必要な書類の中でやっかいなのが申立書と陳述書。
書き方がさっぱりわからないですよね・・・・。
これらは無理をせずに、
自己破産の手続きを取ってくれる弁護士や司法書士におまかせしてしましょう。

その場合は新たに委任状が必要となります。
どうしても自分で書きたいのなら書き方を解説しているホームページもあるので、
参考にしてくださいね。

さて、必要な書類をそろえたらいよいよ自己破産の手続きを始めましょう。
といっても、自己破産者がすることはほとんどありません。

裁判所に3回ほど出頭し、いろいろな質問に答えるだけです。
債務者(自己破産する人)にめぼしい財産があれば、債権者集会が開かれます。


債権者とは債務者にお金を貸している人や会社のこと。


借金の回収が見込めなくなったことを管財人(債務者の財産を管理する人。ほとんどの場合は弁護士)が債権者に説明し、その埋め合わせとして財産の分配を行います。

自己破産の手続きは申し立てから免責が決定するまで通常数ヶ月から半年ほどかかります。


簡単に、言ってしまえばほとんどが弁護士や司法書士さん任せということになりますね
ただし、書類は自分でそろえないといけませんね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 自己破産・個人再生へ

JUGEMテーマ:借金返済


| 自己破産 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 自己破産 > 相談するところ 自己破産についての
相談するところ 自己破産についての
今回は、自己破産の相談する場所について書いていきます。

あなたは自己破産の相談を誰にすればよいかわかりますか?
そういわれても、ちょっとピンと来ませんよね。

ですので、自己破産の相談について説明します。

自己破産の相談先として、第一におすすめしたいのが弁護士。
調停のスペシャリストである彼らは自己破産の相談にも応じてくれます。
ただし、いきなり一見の弁護士の下へ足を運ぶのは考えもの。
世の中には悪徳弁護士という許されざる存在もあり、法外な報酬を要求されることがあるのです。

自己破産の相談は、知人の弁護士にするのが安心です。
知り合いに弁護士がいなければ、弁護士会に自己破産の相談をしましょう。
弁護士会とは都道府県ごとの弁護士の集まりで、多くの弁護士会で自己破産の相談を受け付けています。
弁護士会なら報酬も無難な線となっているので安心してください。

司法書士でも自己破産の相談を受けてくれる場合があります。
自己破産の手続きについては借金の総額が140万円以下なら司法書士も弁護士とほぼ同じことができるのですが、
140万円を超える場合は交渉権や訴訟代理権は司法書士にはなく、弁護士の方が一歩優勢


ただ、自己破産の相談だけならば弁護士と大差ないでしょう。

自己破産の相談を受け付けている専門のホームページがあります。

ほとんどのところは費用がかかりませんし、誰かと顔を合わせることもないので、
自己破産の相談の第一歩としては使いやすいのではないでしょうか?
入力フォームやコメント、メールでのやり取りが中心となるので、即時性は薄いかもしれません。

相談窓口として
弁護士 司法書士 または自己破産専門のHP があります。
やはり 一番のお勧めは弁護士なのは忘れないでくださいね。

最後まで 読んでいただいてありがとうございます。

JUGEMテーマ:借金返済


| 自己破産 | pookmark |
目次
モバイル
qrcode
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
いろいろ
  • seo
SPONSORED LINKS

JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ