自己破産について知っておこう

自己破産について書いていきます
自己破産だけでなく、それに関連していると思われる多重債務や過払い金返還 最近よく耳にする まとめローンについても書いていきます。
自己破産について知っておこうトップ > - > スポンサーサイト
新着情報
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > 多重債務 > 過払い金を計算してみよう
過払い金を計算してみよう
前回
過払い金返還請求も考えようでお話しました
過払い金について 今回も書いていきます。

もし、自分に過払い金があるのか、
あるとしたらどれくらいか、
気になりますよね。

では、はっきりさせましょう。

その方法は、過払い金計算をすることです。

過払い金計算はそれほど
難しいものではありませんが、
わかりやすい過払い金計算式の
ようなものは存在しません。

ですので、人によっては結構めんどくさいと思います。

わかりやすい計算式がないのはなぜかといいますと
過払い金が生まれるケースは人によって、
金融機関によってさまざまだからなんですね。

過払い金計算に必要な要素は、借入総額、借入期間、利率など。
これ以外にも借入と返済をどのように、
どれくらい繰り返したかなどが関係してきます。
これらの情報をすべてまとめ、
借入金計算式として表すのは不可能です。

簡単な方法が無いのかと
お思いのあなたにお勧めしたいのが
過払い金計算ソフトです。

必要な項目を入力するだけで、
過払い金計算を自動的にしてくれる素晴らしい物です。
過払い金計算ソフトは一般のパソコンソフト売り場
ではあまり見かけません。
ほとんどがダウンロード形式の販売となっています。
弁護士会や裁判所などで売られていることもあるので、
探してみてはいかがでしょうか。

過払い金計算を代行してくれる業者もあります。
費用はおおよそ2,500円ほどの所が多いようです。

しかし、どんなに優れたソフトや有能な代行者がいても、
データ不足なら過払い金計算をすることはできません。
過払い金計算をするには金融機関との取り引きの
詳細がデータとして必要です。

自分で記録を取っているのならそれを使えばOK。
手元にデータがなければ、金融機関に
問い合わせればわかるはずです。

計算する前に、データが必要ですので
やはり、返済のデータは取っておく
必要がありますね。

なお、金融機関に取引履歴の開示の請求をする場合には
やはり、電話ではなく
内容証明郵便などをつかって文章で請求するのは
いいと思いますよ

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

JUGEMテーマ:借金返済

| 多重債務 | pookmark |
自己破産について知っておこうトップ > - > スポンサーサイト
スポンサーサイト
| - | pookmark |
目次
モバイル
qrcode
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
いろいろ
  • seo
SPONSORED LINKS

JUGEMブログテンプレート ▲このページの先頭へ